今すぐ無料で税理士・会計士を紹介!!会社設立はプロにまずは相談!

0120-917-145 税理士紹介無料相談窓口

設立後の資金繰り

誰もが頭を悩ませる設立後の資金調達や資金繰り。助成金と融資についてのポイントを押さえておきましょう。開業前に手続きしないと、受け取れないものもありますので、設立手続き前にしっかり相談しましょう。

はじめての融資(日本政策金融公庫の活用)

会社設立時の資金調達法として最も身近なのが、『日本政策金融公庫』の融資活用です。銀行などに比べ、比較的融資してもらいやすい調達手段ですが、融資してもらうためのポイントはしっかりおさえておきましょう。

日本政策金融公庫活用の3つのポイント

金利が安く、固定・長期で融資してくれる・新規開業者に優しい

どの様な事でもお気軽にお問い合わせください!

日本政策金融公庫の融資申請の流れ

手続き方法

STEP①:書類提出

日本政策金融公庫に融資申請書類(借入申込書・企業概要書・創業計画書)を提出。申請書類は日本政策金融公庫HPからダウンロードできます。

一週間前後

STEP②:担当者との面談

日本政策金融公庫担当者との面談を行う。
場合によっては追加資料・補足資料の提出を求められます。

二週間前後

STEP③:審査

日本政策金融公庫内で審査が行われ、融資実行(決定)すると、決定通知と融資手続の書類が送られてきます。

一週間前後

STEP④:融資実行

手続書類に必要事項を記入し、日本政策金融公庫に提出をします。
指定口座に融資金が振込まれます。

会社設立が不安な方

設立後の資金繰り

会社設立にお勧めの助成金

設立後の税金について

節税対策について

税理士紹介無料相談窓口

フォームでのお問い合わせ

このページの先頭に戻る