生命保険料控除の税制改正

 

生命保険に入ると税金が安くなると言われますが、これまでは年間に掛けている生命保険によって生命保険料控除という最大5万円の所得控除を受けることができました。

しかし、この平成24年1月1日以降に契約締結した生命保険契約等に係る生命保険料控除に対して新制度が適用されます。

 

以下に今回の改正点をまとめています。

①新制度が適用される保険契約

1)平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約

2)平成23年12月31日までに締結した生命保険契約で平成24年1月1日以後に更新等を行った場合

②介護保険料控除の新設

平成24年1月1日以後に契約締結した生命保険契約のうち、法令に定める「介護保険契約等」の保険料が「介護保険料控除」として新設されました。

③控除限度額の変更

平成24年1月1日以後に締結した「一般生命保険料控除」「年金生命保険料控除」「介護保険料控除」をあわせた控除限度額が「12万円」に変更されました。

 

控除額

■旧制度

一般生命保険料控除・・・所得税:5万円 住民税:3.5万円

年金生命保険料控除・・・所得税:5万円 住民税:3.5万円

合計控除限度額・・・・・所得税:10万円 住民税:7万円

 

■新制度

一般生命保険料控除・・・所得税:4万円   住民税:2.8万円

年金生命保険料控除・・・所得税:4万円   住民税:2.8万円

介護保険料控除額・・・・所得税:4万円   住民税:2.8万円

合計控除限度額・・・・・所得税:12万円 住民税:7万円

 

気を付けていただきたい注意点は、本改正は「平成24年度」の確定申告から適用されます。

平成24年度中に生命保険の契約内容を更新した、もしくは新たに生命保険に加入した方は書き間違いにご注意ください。

今回の税制改正以外にも確定申告の準備等についてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら