扶養控除の税制改正

 

 平成22年度の税制改正で平成23年度分の所得税から扶養控除の控除額が変更となりました。 

 

まずは扶養控除に該当するための要件をご説明します。

配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等以内の血族)であること。

納税者と生計を一にしていること。

年間の合計所得金額が38万円以下であること。

 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこともしくは白色申告者の事業専従者でないこと。

上記の4つの要件を満たしていなければ、扶養控除には該当しません。

 

つぎに平成22年度までの控除額からどのように改正されたのかをご説明します。

一般の扶養親族のうち年齢が16歳未満の扶養控除(38万円)の廃止。16歳未満のお子様がいる家庭は増税!

特定扶養親族に該当する年齢が、「16歳以上23歳未満」から「19歳以上23歳未満」に変更。高校生のお子様がいる家庭は増税!

 

ちなみに、毎年行われる税制改正をこまめチェックしていないと、所得税額が間違ったまま確定申告書を提出してしまうことになってしまいます。

申告書への記載ミスから面倒なことへ発展してしまう場合も少なくありません。

面倒でも税制改正は毎年チェックすることをお勧めいたします。

その他にも確定申告に関する不明な点、疑問点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら