発生主義と現金主義

発生主義とは

発生主義とは、現金の収支とは関係なく、収益または費用をその発生を意味する経済的事実に基づいて計上する考え方です。

つまり商売が成立(発生)したときに、売上を計上する方法です。(費用の場合は、費用が発生したとき。未払費用等を計上したとき。)

いつ商売が成立したかは業界の慣習、その会社の取り決めによってきまります。また業法によって規制される場合もあります。

発生主義は日本の一般的な計上方法です。合理的な計上方法ですが、客観性にかける、つまり主観的な見積もりにより計上された収益となることもあり、収益の認識には不適切であるとも考えられます。

 

現金主義とは

現金主義とは、収益は現金収入があったときに、費用は現金支出があったときに計上する考え方です。

収益については商売が成立したときにかかわらず、現金が入金されたときに売上を計上します。(費用の場合は、経費を実際に支払ったとき。)

先月販売した商品を今日入金されたものも、昨年販売した商品を今日入金しても、どちらも今日の売上ですから、会社の状況を的確に表しているとは言えませんから、一般的な計上方法ではありません。

但し、現金(同等物)の入金日という恣意的に変更不可能な事を基準にしていますので、ある意味においては会社状況を的確に表します。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら