退職金と税金

会社から退職金を受け取った場合、「退職所得」としてその金額に対して所得税が課税されます。

 

退職所得とは・・・

退職により、勤めていた会社から受ける退職手当などの所得のことで、また、退職したことにより受け取る一時金、生命保険会社または信託銀行から受ける退職一時金なども退職所得もそれとみなされます。

 

退職所得の計算方法

(収入金額(源泉徴収される前の金額)-退職所得控除)×1/2=退職所得の金額

退職所得控除の計算方法

退職所得金控除額は次のように計算をします。

①  勤続年数20年以下・・・40万円×勤続年数

②  勤続年数20年超・・・800万円+(70万円×勤続年数-20年)

端数の月数は1年に切り上げになります。

注意

・障害者になったことが原因で退職をした場合は上記の方法により計算した控除額に100万を加えた金額になります。

・前年以前に退職金を受け取ったことがある場合または同一年中に2か所以上から退職金を受け取る場合などは控除額の計算が異なることがあります。

 

税額の計算方法

退職所得は原則として他の所得と分離して所得税額を計算します(分離課税)。

なお、退職手当など受け取る際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出されている方については退職手当などの支払者が所得税額を計算して源泉徴収を行っているため、確定申告の必要はありません。

また、「退職所得の受給に関する申告書」を提出されていない方は退職手当などから支払金額の20%が源泉徴収され、受給者本人が確定申告を行うことにより、税金が精算されます。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら