税理士だけが行うことができる独占業務

税理士って何をやっているの?

≪税理士だけが行うことができる独占業務≫ 独占業務とは?

1.税務代理

納税者の代わりに、税務署等への申告・申請を行うことができます。
また税務調査に立ち会い、納税者の代わりに税務調査の対応を行います。

2.税務書類の作成

税務署に提出する届出書を納税者にかわって作成し、提出します。

3.税務相談

税金の計算、必要な手続き、税務の相談に応じます。

独占業務とは…
特定の業務に対して、特定の資格、免許を持っている方だけがその業務を行うことができます。その資格がなければその業務を行うことが禁止されています。

 

≪税理士の独占業務以外の仕事≫

1.会計業務

会計業務とは、試算表や決算書を作成することです。また、記帳代行を会計業務として行っている税理士もいます。

2.コンサルティング業務

経営に関わるアドバイスや、税金に対するアドバイスを行います。
会計業務で作成した決算書をもとに、数値を分析し、節税対策や資金繰りなどのアドバイスを行います。

3.その他

金融機関との折衝やM&Aなどのアドバイザリー業務、保険代理店業務など、税理士業務と信和性が高い業務や全く関係性がない業務を行なっている場合もあります。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら