消費税~その背景と仕組み~

日常の中で、何かを購入すると5%の消費税を支払います。

その消費税ですが奥が深いため、その仕組みについてご説明します。

 

その前に…

諸外国の消費税についてみなさんはどれくらいご存知でしょうか。

当然、国外に行くと税金の制度も、税率も変わります。高い消費税として有名なのがスウェーデンです。スウェーデンの税率はなんと25%で、単純にいうと日本の5倍です。

そんな高い消費税を取られる国なんていきたくないと思うかもしれませんが、これだけ高い消費税を取るかわりに福利厚生が充実しているのはあまりにも有名です。

例えば、医療費や教育費は無料ですし、老後の心配、子どもの学費に悩むこともほぼありません。

実は公共交通の消費税は6%、食料品などの消費税は12%ほどになっていて、普段買うものには低い消費税、贅沢品のようなものは消費税が高くなるという、モノによって消費税率が変動します。スウェーデンの人は、この制度に納得して消費税を支払っているそうです。

スウェーデンではこの制度、たった30年ほどの間にこのような仕組みに変わってきたそうです。始めからこのような制度ではなく、最初は4%ほどだったそうです。

 

さて、そんな消費税ですが、ここからが本題です。例えば、お店の年間の売上が1,000万円を超えると新たに消費税申告を行い、納税しなければなりません。

ここでよくいただくのが、「消費税はいつ払うの?」という質問です。

正解は売上が1,000万円を超えた年の2年後です。ちょっとわかりづらいと思いますので図で示したいと思います。

 

図【年間の売上額の推移】

 

 

 

図の例でいきますと、まず初めて売上が1,000万円を超えたのは平成24年です。この時点では2年後に消費税を払う義務が発生したに過ぎず、すぐさま消費税を支払うわけではありません。したがってこの例ですと、初めて消費税を支払うのは、平成26年ということになります。 

正確には、平成26年の売上を基に計算をされた消費税額を平成27年3月31日までに納付ということになります。

 

 

そして、平成25年には再び売上が1,000万円を切ってしまいました。さてこの場合2年後の平成27年はどうなるでしょうか?

平成27年単体の売上は1,000万円を超えていますが、消費税申告はあくまで2年前の売上です。したがって、平成27年は消費税が発生しません。しかしお分かりの通り、今度は平成29年にまた消費税を支払うことになります。

但し、課税対象年度と売上1,000万円超の年度が重複した場合は、売上1,000万円超ではなく、売上1,050万円超の場合にのみ2年後の消費税の課税対象となる。

 

さて今回は消費税の基本的な部分についてお伝えしましたが、確定申告は所得税だけではありません。

今回ご紹介した消費税など、業種や店舗形態によっては様々な申告を行う必要があります。知っているか知らないかで大きな差がつくことばかりなのが税金の恐いところです。


ぜひ早めのご準備をお願いします。ご不明な点や疑問点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

記帳代行料金 記帳代行料金

お役立ち情報

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

TaxHouse取扱店募集

サービスのご料金について

無料相談

ご相談の流れ

サービスご提供の流れ

漫画で”カンタン”に分かるTaxHouse記帳代行サービスの特徴

理美容専門サイトはこちら